手軽に楽しめるラジコンカー

スバル インプレッサ

ラジコンの中で一番身近で、手軽に楽しめるラジコンカーは、幅広いユーザーが楽しんでいます。ラジコンカーのジャンルは、幅広く、ツーリングカー、レーシングカー、F-1カー、などのオンロードカーや、ラリーカー、バギー、モンスタートラックなどのオフロードカーと多彩です。

ビットチャーG

「ビットチャーG」は、2003年6月にグレードアップし「スーパービットチャーG」として販売され、同時走行台数が4台から6台になりました。ビットチャーGは、多数の交換用パーツが発売されるなどしていましたが、2004年に同社の新商品「エアロアールシー」が発売されてからは新製品が発売されなくなりました。

エアロアールシー

タカラトミーが2004年12月に販売開始した「エアロアールシー」は、製品の各部分の構造をシンプルにしたりボディ以外の部品を共通化することで製造コストを抑えた製品です。
「エアロアールシー」は、定価1000円という当時破格の低価格で、エアロパーツやホイール等の外観だけでなく、モーター部分のカスタムパーツを積極的に販売し、カスタマイズできる楽しみを提供しています。

タミヤのラジコンカー

世界でも有数の総合模型会社であり、「ツインスター(二つの星マーク)」のマークで有名な「株式会社タミヤ(TAMIYA, INC. )」は、「ワイルドワン」などの「アタックバギー(ファーストアタックビークル)」をベースとしたオフロード仕様のラジコンを多く販売しています
。 タミヤの作ったオフロードラジコンはトレーリングアームなどに精度の高い技術を使い高い安定性能を誇っています。ラジコン専用の小型エンジンを搭載したラジコン自動車もあり、そのエンジン音と排気ガスは実車のイメージそのもので、一度走らせるとモーター車には戻れないと言われています。
エンジン搭載のラジコンカーは、電動カーに比べ、エンジン音が騒音となるため走行できる場所は限られます。
タミヤは、1976年に第一弾のRCカー「ポルシェ934ターボRSR」を販売し、現在でも国内・海外のラジコンカー市場で販売されています。タミヤは2006年に「RCモデル30周年」の「ポルシェターボRSR934レーシング」を開発し、これまでに培った技術、経験を生かし記念にした限定発売のモデルとして販売しました。

コンテスト

ラジコンを走らせるカテゴリーは、実車同様に幅広くあり、自動車のテールを流して走行させる「ドリフトコンテスト」なども行われている。また昨今はソーラーラジコンカーのコンテストが頻繁に実施されています。

スポンサードリンク